ごあいさつ

「行政書士 中村法務経営事務所」のウェブサイトをご訪問いただき、まことにありがとうございます。

当事務所は、長崎県長崎市で市民の皆様の日常生活で発生するお悩みを解決する街の法律屋さんとして、また、小規模な事業を経営されている方の頼れる事務屋さんとして、お手頃価格で長崎の皆様に貢献しております。

 

行政書士 中村法務経営事務所の3つのお約束

当事務所は、お客様のご依頼を承るにあたり、次の3つのルールを守ることをお約束いたします。

1.親 切 お客様のお手間が最小限になるよう配慮します
2.安 心 かかる費用は必ず事前にお知らせいたします
3.迅 速 軽いフットワークでスピード対応いたします

 

行政書士には守秘義務があります

私たち行政書士には、医師や弁護士などと同じように守秘義務があります。

行政書士法では、その第12条で「行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする。」とされており、これに違反すると「1年以下の懲役、100万円以下の罰金」が科されることになります。

お客様が行政書士に相談された内容については、必ずその秘密が守られ、決して外部に漏れることはありませんので安心してご相談ください。

 

行政書士とは書類作成のプロです

行政書士とは、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行うと定められています。

簡単に言うと、「国から認められた、公式な書類作成の専門家」と言うところでしょうか。

とは言え、どんな書類でも自由に作成できるわけではなく、法律で特定の士業しか取り扱ってはならないとされているもの(登記・裁判所に関するものは「司法書士」、税務に関するものは「税理士」、労働・社会保険に関するものは「社会保険労務士」など)については、取り扱うことができません。

また、争訟性(裁判が必要になるような争いのある、あるいはその可能性がある)のある法律事務(書類作成も含めて)については、弁護士だけに取り扱いが許されるものですので、行政書士は取り扱うことはできません。

しかし、それらを除いても、行政書士が取り扱うことができる書類は、その名称のごとく許認可等の申請書・添付書類など行政機関に対する書類の他に、契約など私人間(民間の個人や企業・団体の間)で交わされる法律的な書類(権利義務・事実証明に関する書類)もあり、数千種類に及びます。

当事務所で主に取り扱っている業務の詳細については、以下をご参照ください。

(業務名をクリックすると、その業務のページが開きます。)

 

自動車の手続きをしたい

自動車の購入や引越しによる登録変更など、忙しい皆様に代わって、行政書士が書類作成、管轄の運輸支局や警察署への手続きを行います。

■ 車庫証明申請(専門ホームページへ)
■ 名義変更(専門ホームページへ)
■ 住所変更(専門ホームページへ)

 

 

ビザ(在留資格)の申請をしたい

外国人の方が日本に住む、又は働くためには、原則としてビザ(正確に言うと在留資格)を取る必要があります。行政書士がそのビザ(在留資格)取得のお手伝いをします。

■ ビザ(在留資格)申請(専門ホームページへ)

 

 

相続の手続きをしたい

家族や大切な人がお亡くなりになり、相続の手続きをしなくてはならなくなった。そんな時、たいへんな相続手続きが少しでも円滑に進むよう、行政書士が相続人の調査や遺産分割協議書の作成をお手伝いします。

■ 相続人調査・戸籍一式取り寄せ(相続関係説明図作成)
■ 遺産分割協議書作成

 

遺言書を作りたい

遺言は法律で定められた要件を満たす必要があり、そうでない場合、法的に無効となることがあります。遺言者のご遺志が正しく伝わるよう、行政書士が遺言書の作成をお手伝いします。

■ 自筆証書遺言作成
■ 公正証書遺言作成

 

農地の転用・売買をしたい

農地を農業以外の用途に使用したり、農家以外の第三者に売買したりする行為は、「農地法」という法律により制限されています。行政書士がそのための許可取得をお手伝いします。

■ 農地転用・売買

 

法人を設立したい

法人設立に関する業務は、行政書士の代表的な仕事のひとつです。株式会社や協同組合、財団法人、NPOなど、さまざまな法人設立のお手伝いをします。

■ 株式会社設立(専門ホームページへ)
■ 合同会社設立(専門ホームページへ)

 

お店を開業したい

レストランやカフェを開く場合には「飲食店営業許可」が、古着屋やリサイクルショップを開く場合には「古物商許可」が必要になります。開業の準備に専念できるよう、行政書士が許可取得をお手伝いします。

■ 飲食店営業許可申請
■ 風俗営業許可(第1号営業)申請(専門ホームページへ)
■ 特定遊興飲食店営業許可申請(専門ホームページへ)
■ 深夜酒類提供飲食店営業届出(専門ホームページへ)
■ 古物商許可申請

 

許認可を取りたい

建設業の許可申請や宅地建物取引業の免許申請は、高い専門性が求められます。間違いのない手続きが行えるよう、行政書士がお手伝いします。

■ 建設業許可申請(専門ホームページへ)
■ 産業廃棄物収集運搬(積替え保管なし)許可申請
■ 宅建業免許申請

 

契約書を作りたい

大切な約束を書面に残すことは、後のトラブルを予防するためにも大切です。行政書士は契約書作成代理を行います。

 

お客様の声

ご依頼者 山口県自動車販売店T 中務 様
ご依頼内容 車庫証明申請
ご感想 どのような要望でも迅速かつ正確に対応いただき、大変助かりました。
また、機会がありましたら必ずご利用させていただきます。

 

ご依頼者 藪田 奈々 様
ご依頼内容 普通車の名義変更
ご感想 ご丁寧にご案内・お手続きをしていただいてありがとうございました。
また機会があればお願いしたいと思っております。

 

ご依頼者 大阪府自動車販売店H 様
ご依頼内容 軽自動車の名義変更
ご感想 突然の依頼を心よく受けていただき、かつ大変スピーディーに処理していただき、大変感謝しています。
かつアフターフォローまでいただきました。見習うべきことが多くありました。
又の機会がございましたら、是非よろしくお願いいたします。

 

ご依頼者 管工事業B 様
ご依頼内容 建設業許可新規申請代行
ご感想 建設業許可の新規申請でお世話になりました。

HPを拝見し、電話での印象が良かったのでお願いしました。
申請時の迅速で丁寧な対応に感謝しております。

今後共、宜しくお願い致します。

 

ご依頼者 株式会社D 様
ご依頼内容 電子定款認証代行ライトコース
ご感想 おかげ様で無事、会社設立が完了しました。起業前の経費節約になり、非常に助かりました。今後も何かあれば、お付合いの程、宜しくお願い致します。誠にありがとうございました。

お客様の声の詳細はこちら

 

電話でのお問い合わせはこちら095-807-2217受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください

行政書士 中村法務経営事務所

行政書士 中村秀樹
日本行政書士会 登録番号:第13421587号
届出済申請取次行政書士:(福)行16第51号

〒852-8156
長崎県長崎市赤迫(アカサコ)3丁目6番34号
TEL:095-807-2217
FAX:050-5865-3896
E-mail:info@gyosei-nakamura.com
営業時間:9:00~18:00(日・祝日除く)
    MENU