行政書士とカバ○タレ、マンガやテレビを真に受けてはいけない

長崎で車手続き・建設業許可等各種許認可をお考えなら、お手頃価格で親切・安心・迅速対応の「行政書士 中村法務経営事務所」にご相談ください。

行政書士 中村法務経営事務所の行政書士「中村」です。

 

このお仕事をやってると、時折、我々行政書士のことを「安価に依頼できる弁護士的な人」、と誤解しているらしい顧客に出会うことがあります。

しかし、争訟性(裁判が必要になるような争いのある、あるいはその可能性がある)のある法律事務については、弁護士だけにその取り扱いが許されるものですので、行政書士が弁護士と同様のことを出来る訳ではありません。

基本的に行政書士が出来るのは、「書類作成」だけなのです。

ですので、「ホントは弁護士が必要だけど、お金がないから行政書士に」と考えて行政書士に相談すると、ガッカリすることになります。

 

「なんで、こんな勘違いをする人が出てくるのだろう?」と考えたのですが、おそらく、これは「カバ○タレ」と言うマンガが原因なのではないかと…。

このマンガの中では、法律知識を駆使して、代理人として弁護士ばりに事件を解決する行政書士が登場しちゃうんですね。

しかし、上でも述べたようにそれは弁護士の領分で、実際に行政書士がそれをやっちゃうと弁護士法違反で訴追される可能性大なのです。

 

マンガでは、それを「書類作成費用しかもらってないから」、「報酬をもらってないから」違法では無い等としているようですが、現実にはそれはまず通用しません。

何より、あんなにコストがかかる仕事をわずかな書類作成費用や無償でやっていたら、あっと言う間に事務所経営は破綻します。

だからと言って仕事に見合った報酬を要求しようとすれば、今度は弁護士法違反で訴追です。

つまり、現実社会には、あのような行政書士は存在し得ない訳ですね。

 

そもそも、マンガに限らずテレビ等はあくまで娯楽(エンターテインメント)なのですから、現実(リアル)と同じと考える方が間違っています。

リアルでは、諸国を巡って悪代官を懲らしめてくれる先の副将軍は決していませんし、パワハラ上司に倍返し出来る銀行員も絶対に存在しませんし、危険な遭難現場に救助に行く海上○安庁もいない(海上○安庁は絶対行きません、そんな時に出動するのは必ず自衛隊)のです。

現実には存在しないからこそ、庶民はそれを見て辛いだけの現実を一時でも忘れ溜飲を下げる訳で、その為のエンターテインメントである訳です。

つまり、テレビやマンガに限らず、「エンターテインメントでやってることは全部虚構(嘘)である」ときちんと理解しておく必要があります。

 

それなのに、何故かそのエンターテインメントをリアルだと受け取ってしまう、困った人種が世の中には結構存在しているようなのです。

ヒロインが航空会社の整備士のドラマが放送されると、航空会社の整備士の募集に女性が殺到するニュースとか見つけると、「日本人大丈夫か?」と悲惨な気分になります。

このインターネットが大いに発達した世界で、生きていく上での情報源がテレビやマンガだけと言うのはとても貧しいことだと思います。

 

今時、がっつりテレビを見ている方は少ないと思うんですがね。私も、最近はニュース番組くらいしかまともに見てません。

そのニュース番組も、くだらないニュースや偏向報道とかが多いのであまり真剣に見なくなってきました。

昔、「テレビばかり見ていると馬鹿になる。」と良く言っていたものですが、然もありなんと思う今日この頃です。

 

⇒ 【関連ブログ】行政書士になるには?、行政書士試験の難易度

⇒ 【関連ブログ】行政書士の年収、行政書士って食えるの?

⇒ 【関連ブログ】行政書士のお仕事、実務をどう身に付けるか?

⇒ 【関連ブログ】行政書士の開業、いくらくらいかかるのか?

⇒ 【関連ブログ】行政書士の営業、どうやって仕事を取るのか?

⇒ 【関連ブログ】行政書士会等の組織との付き合い方

⇒ 【関連ブログ】行政書士試験の試験監督員

 

行政書士 中村法務経営事務所

行政書士 中村秀樹
日本行政書士会 登録番号:第13421587号
届出済申請取次行政書士:(福)行16第51号

〒852-8156
長崎県長崎市赤迫(アカサコ)3丁目6番34号
TEL:095-807-2217
FAX:050-5865-3896
E-mail:info@gyosei-nakamura.com
営業時間:9:00~18:00(日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です